気功,気功師,気功術,気功瞑想,気功教室,気功療法,気功治療,気功超能力者,気功ヒーリング,気功

 気功治療,効果,気功法,整体,気功やり方気功術や気功治療,気功整体に優る効果の天啓気療のサイトマップ 気功治療,効果,気功法,整体,気功やり方

気功やレイキなどと比較できないほど優れる天啓気療の能力 私、北沢勇人より挨拶  気功術や気功治療に優る天啓気療の能力の効果を発揮
天啓気療とはどのように実施する、その時の感じ方や改善の様子など  病気にならない為の教訓とは  天啓気療院に寄せられた多くの体験談
天啓気療と気功や気功師が行う治療の効果の違い  天啓気療にて改善する症状や病名など  気功治療などに優る天啓気療を受ける間隔について
天啓気療で期待できる成果や治療の効果について  質問に対する回答  天啓気療が気功やあらゆる療法に優る訳  書籍の刊行について
優れた治療師か簡単に見分ける方法  リラックスする方法・自律訓練法について  天啓気療が初めてで不安を感じる方へ  案内地図,連絡先,料金など
北沢勇人のプロフィール  天啓気療の治療方法や体験談集・質問回答など  私、北沢勇人の病気体験から得ること
天啓気療後体験する好転反応と述べられる現象  気功術や気功治療などに優る効果の天啓気療・携帯電話モバイルサイト

 

 気功治療,効果,気功法,整体,気功やり方精神世界へようこそ・神性 気功治療,効果,気功法,整体,気功やり方

 私たち人間は究極的には神人になることを目指しています。人間が神になるなどという、このような考えを、人々は途方もないことと一笑に付してしまうかもしれませんが、少し論理的に考えてみれば、この考えがあながち的外れではないということに気づくことでしょう。人類の祖先は五百万年前ごろから他の猿とは別の進化の道をたどり始め、進化発達して二足歩行が可能な猿人となり、そしてさらに進化して数十万年前に私たちの祖先と呼ばれる現生人類がアフリカに現れ出たという学説が現在の人類史での通説になっているようです。人類は、この地球上で最も進化発達した霊長類の長として人間であることを誇っていますが、現在の私たちのような人間になるには、何百万年、何十万年という悠久の時を経て、精神と物質の両面に亘って進化してきたのです。

 何十万年か前の石器時代の人類は、猿とは違って人間らしい外貌を持ち、石を道具として使う知能を持つまでに発達していたでしょうが、現代の人類と比べれば、精神性においても物質性においてもようやく高等動物の域を出たばかりの未開人類と呼べるようなものにすぎなかったでしょう。人間は猿のような生物から現生人類になるまでに何百万年にも亘る進化の道を遅々として歩み、そして現生人類の祖先から私たちのような現代人になるまでに何十万年もの歳月が経過しています。

 しかし、猿と共通の祖先から分岐して現生人類の始祖となるまでには数百万年という途方もない長い年月がかかり、現生人類の始祖から現代の人類になるまでに要した期間は、たかだか数十万年であったということから、人類は累進的な加速度を以って進化してきたことがわかります。そして特に、メソポタミア文明などの世界最古の文明が勃興したときから人類が宇宙に向かって飛び立っていけるほどの高度に発達した現代の科学文明に至るまでの期間はわずか数千年であることを踏まえると、古代文明発祥以降の人類は途方もない速度で進化しているように思えます。

 物質文明が高度に発達した現代、マクロ的には、世界の強大国による宇宙研究において太陽系の果てにまで宇宙探査機を飛ばして物質宇宙の解明に取り組んでいますし、ミクロ的には、生体の遺伝子工学等で、クローン技術の確立と発達、遺伝子の解明や操作などの研究が進んでいます。人類が宇宙へ飛び立つことを目的とする宇宙開発の研究や人間の複製を人工的に創り出すことを可能にするような遺伝子工学などの研究は、二十世紀半ばになってから急速に進展した科学分野なのでしょうが、二十世紀に入ってから自然科学は長足の進歩で発展しており、ミクロとマクロにおけるこれらの研究も瞠目に値するめざましい成果を収めています。

 自然科学におけるこのような驚異的な進歩に鑑みて、百年後、二百年後の人類は、物質と精神の両面においてどれほど進化していることか、現在の私たちには想像もつきません。太陽系惑星に関して宇宙探査ができるほどに発達した現代の科学水準から推して考えると、数世紀のちの人類は地球以外の惑星に殖民して発展し、そして安全な惑星間航行を可能にしていることでしょう。また生命創造という、これまでは神の領域とみなされていた不可侵の分野においても、人類はその叡智を尽くして生命の創生と維持について人類にとって最善の方策と方式を構築していることでしょう。

 文明発生以前の人類の遅々とした進化の歩みと比べて、ロケットが宇宙に飛び立っていくほどの速さにも比せられるような現代科学の目をみはる進展速度を見ていると、数世紀後には本当に、生命の誕生と死に関してさえも、人類が人間に似せたサブヒューマンを創生したり、人間の宿命である老と病と死を克服して人間の寿命は数百年にも延び、しかも老いることなく若々しいままで生きられるという、今は想像の域を出ない夢物語のようなことが現実のことになっているのではないでしょうか

 神人とは、字句のとおりに、人間が神のようになるということです。これまで不可侵と考えられてきた神聖な生命の領域において、人類が自らの手で生命体創造に関与するということは、人類が神の領域に足を踏み入れたということです。私たち人類は、数世紀後には確実に物質性において神性領域に到達していることでしょう。精神性においても、人間の実体である意識というものの究明が進み、そして近未来の人類の意識は、現在の私たちのような粗雑な物質界意識よりも進化して、より霊妙な神性意識へと昇華していることでしょう。

 物質と霊は表裏一体ですから、当然ながら物質性の進化は、霊性および精神性の進化も意味してはいますが、しかし時に、現象世界の物理性という物質の進歩ばかりが先んじて、心という人間の精神性と、魂という霊性の進歩向上が伴わず、物質と霊において乖離が生じる場合もあるでしょう。そのような状況においては人類の意識に歪(ひずみ)が生じて不調和が生み出され、人類の健全なる進歩と向上に歯止めがかかって、混乱して停滞した世界と社会情勢が現出してしまうでしょう。

 神性とは、あくまで霊と精神と物質において神らしくあることです。人間は、この三位一体において神性へと上昇することが可能です。物質、精神、霊、これら三つのうちのどれか一つが欠けても、人間が神へと昇華することは可能ではないでしょう。人類全体が神性へと上昇するためには、人間のこれら三つの面が普遍的に進化していなければならないでしょうが、特に霊性においては特段の進化を果たしていなければならないでしょう。と言うのは、霊が人間の実体である意識というものの本質であり、まず霊があって、そして精神と物質は霊から顕れ出ているものだからです。

 ところで、神性、神の質とは、どのようなことを指しているのでしょうか。私たちは、神をどのようにイメージしているのでしょうか。神の概念は抽象的な事柄ですから、各人が心に抱く神のイメージや観念はそれぞれに違いがあることでしょう。多くの人は、仏教における如来や菩薩、日本神道において祭祀されている諸神霊、キリスト教におけるイエス・キリストなどの人格神的な神性存在を、神として考えているのではないでしょうか。また、私たちの肉眼で見えているこの現象界という物質世界、この世界を織り成している自然の様相や宇宙の在り方などを演繹して、究極絶対的な神という崇高な念と畏怖を覚える人々もいるでしょう。すべての存在を在らしめているもの、それは人知を超えたものであり、そうした究極絶対的なものに対する思いには、人格神的な要素はないでしょう。しかしながら、概して私たち普通の人間が心の中で思い描く神とは、不可視の世界に存在し、人間やこの現象界を律するような偉大なる力を持つと私たちが考える、神的な存在であるようです。大多数の人にとっての神とは、私たち人間の延長線上にある人格神のようです。

 多くの人間が神の存在を信じる一方で、神や神という存在を信じないと言う人々もいます。私たちは、肉眼を通して見える形態の世界、すなわち物質現象界に生きていますから、基本的に、目に見えるものだけが確固として存在するものとして信じられるものであり、肉眼で見えないものは信じることができない、あるいは不可知として私たちの認識の対象にはなりえないという考え方も確かに成り立つことでしょう。物理法則によって制約される物質現象界に生きる私たちにとって、物質のみに存在の基礎を置く、物質一元論的観念を完全に払拭できないということも事実であり、そしてまた、神の概念が万人にとって共通の、そして明確なものではないということも事実ではありますが、しかし人間は、言葉で神の存在を否定しようと、否定しまいと、意識の奥底において神の存在を信じているようです。なぜ人間は神の存在を信じているのでしょうか。それは、人間の本質である霊、意識というものが、物理を超えたものであるからです。意識は物理を超えているがゆえに、物質現象界に生き、物質法則に制約されてはいても、私たち人間は、意識の世界、すなわち霊界における存在を信じているのです。神を信じるというよりも、人間は自己の本質である意識というものの存在を信じていると言ったほうがより正確でしょう。すなわち、意識とは神であり、意識世界である霊界は神の世界なのです。

 本来、私たち人間は、神の質、神性を自己の裡に秘めているのですが、物質現象界というこの世に生まれ出て、この世界で生きるとき、私たちの個我意識の奥底に潜んでいる神性は未顕現の状態で留まります。なぜなら、人類全体がいまだ物質に捉われており、人類の意識が物質界意識に留まっているからです。物質界意識よりもより高次な意識界について多くの人々が認識するようになれば、人類の意識は、物質界を超えてより霊妙な意識界へと上昇するでしょう。それが神性意識と呼ばれるものであり、私たち人間が神の領域へと昇って、神人へと昇華することです。私たちが神性を達成することとは、私たちが心のうちで思い描く人格神が表す普遍的な神性資質を私たちの個我意識のうちで修養し体現することであり、釈迦如来や諸菩薩、イエス・キリストや諸聖人、神霊界の諸天使や崇高な御霊など、私たちが神と考える神性存在の在り方に、私たち自身を変容させることです。

 人類全体が神性へと昇華するには、まだ多くの世紀を経なければならないことでしょうが、物質文明が進んで宇宙時代への幕開けとなった二十世紀、そして人間の複製を可能にするほど科学が発達した現代において、個々の人間レベルでは、一般的な大多数の人々よりも精神性と霊性において高度に進化している人たちが少なからず現出しているのではないでしょうか。霊性において進歩しているそのような人々が、霊を成り立たせている根底の神性意識を認識し、そして自己の裡の神性を開示して、霊性においてより高く上昇することは、人類全体に対して大きく貢献することになります。と言うのは、意識は遍在しており、私たち個々の人間の意識は、人類全体の意識でもあるからです。ですから、神意識実現を果たした人が増えれば増えるほど、人類全体の意識が上昇し、人類全体がより神性意識へと近づくことになるのです。

 人類が遥かなる進化の道程にあることを認識し、そして進化の意味を正しく理解するならば、私たち人間が神人へと向かって進化しているということに異論は生じないでしょう。遥かなる進化の道程にある私たち、その私たち一人ひとりが生の意義と存在の霊妙さを深く認識するとき、物理法則によって制約されるこの物質現象界に生きてはいても、私たちは、私たちに与えられたこの生を無為に過ごすことは一瞬たりともできず、自己がより高次な神性存在になることをめざして意義ある生を送ろうと真摯に努めることでしょう。

 

気功,気功 脳性麻痺に線維筋痛症治療に気功治療脳性小児麻痺に気功療法脳性麻痺症状と気功治療気功瞑想教室,気功治療,気功治療超能力治療,ヒーリング治療,気功治療,うつ病治療に脳性小児麻痺治療に気功治療脳性麻痺の症状に気功治療などに圧倒的に優る天啓気療ヒーリング