気功,気功師,気功術,気功瞑想,気功教室,気功療法,気功治療,気功超能力者,気功ヒーリング,気功

 気功治療,効果,気功法,整体,気功やり方気功術や気功治療,気功整体に優る効果の天啓気療のサイトマップ 気功治療,効果,気功法,整体,気功やり方

気功術や気功治療,レイキなどと比較にならないほど優れる天啓気療 私、北沢勇人より挨拶  気功術や気功治療に優る天啓気療の能力の効果を発揮
気功治療に優る天啓気療とはどのように実施する、その時の感じ方や改善の様子など  病気にならない為の教訓とは  天啓気療院に対して寄せられた多くの改善体験談
天啓気療と気功や気功師が行う治療の効果の違い  気功術や気功治療に優る天啓気療にて改善する症状や病名など  気功治療などに優る天啓気療を受ける間隔について
天啓気療で期待できる成果や治療の効果について  質問に対する回答  天啓気療が気功やあらゆる療法に優る訳  書籍の刊行について
優れた治療師か簡単に見分ける方法  リラックスする方法・自律訓練法について  天啓気療が初めてで不安を感じる方へ  案内地図,連絡先,料金など
北沢勇人のプロフィール  天啓気療体験談日誌(ブログ)  天啓気療の治療方法や体験談集・質問回答など  私、北沢勇人の病気体験から得ること
天啓気療後体験する好転反応と述べられる現象  気功術や気功治療などに優る効果の天啓気療・携帯電話モバイルサイト

 

 気功治療,効果,気功法,整体,気功やり方精神世界へようこそ・善霊と邪霊 気功治療,効果,気功法,整体,気功やり方

 霊性求道に入ると、必然的に霊との関わりが生じるのは事実です。ですから、私たちは慎重に霊性の道を歩まなければならないのですが、霊は私たちの目には見えず、私たちに関わってくる霊の正邪を見極めることができないために、霊性求道は誠に困難なものとなるのであり、宗教の道は険しいと言われる所以がここにあります。けれども、私たちが真摯に自己の霊性における進歩向上をめざして、宗教的な道徳規範のもとで日常生活を営むのであれば、私たちは霊性求道をむやみに恐れる必要はないでしょう。なぜなら、求道者にいずれ関わってくるであろう霊が善霊であるか邪霊であるかは、その求道者の心の純化に応じているからです。ですから、霊性求道を決意するならば、まず第一に心を純化することが大要諦だと思います。心の純化をおろそかにして、心霊力を得ることや現世利益を求めて宗教に入るならば、そうした俗的な意図を持つ人間は邪霊と関わるようになって、自己の霊性を多大に害(そこな)い、破滅の道を歩むようになるのは当然のことでしょう。金銭や物質に執着する者や社会的な地位や名声を求める人間は、自分自身の身のために最初から宗教に関わらないほうがよいでしょう。そして事実、非常に物欲的な人間は宗教に関心を持たないようです。注意すべきは、人生において種々様々な物事や人間関係から是非善悪を学んで智慧を身につけることをせず、ただ霊力という現世利益のみを求める人たちです。心が稚拙で、物事の道理を知らない人間の、生の全体性を論理立てて俯瞰した宗教観に基づかない、単なる利己心から発した宗教的な熱狂は、その結果として、その人自身の霊性を毀損し、そして社会におけるその人の存在基盤さえも危ういものにしてしまうでしょう。

 物質的に爛熟頽廃した観を呈し、精神的に閉塞した現在の日本の社会状況を、思慮分別を弁えた良識ある大人が洞察すれば、子供のときから苦労というものを知らないで、甘やかされて育った自己本位な現代の若者たちが、求道の名のもとに現代風錬金術の手段になりうる心霊力獲得になぜ熱中するのか、理解できようというものです。換言すれば、若い人たちの超能力崇拝は、実際には金と名声を求める物質至上主義を裏返したものにすぎないということです。物質に対する執着を霊性求道という名前にすり替えて、物欲を満たし、自我拡大を図る人間は、真実の宗教からはるかに隔たっているのであり、その上にもまして自分自身の霊性を大いに害ってしまうことになります。このような人たちがオカルトに関わることの危険を顧みずに、心霊力を得ようと霊的な修行に熱中すると、その人間と波動を同じくする邪霊によって憑依されたり、黒魔術の陥穽に陥ってしまうのです。

 霊の世界は私たち人間の目には見えないので、霊の存在を信じないことが科学的精神を持つ現代人であるかのように世間の人々は考えているようですが、人間は肉体と霊から成るものであり、死んで肉体から抜け出た霊は、輪廻転生して次なる肉体生を持つまでは、霊として厳然と存在しているのです。人間には善人もいれば悪人もいるように、霊にも邪霊と善霊が存在するのも自然なことです。人が死んでその人間の邪悪な性質がただちに矯正されるはずもなく、邪悪な人間が死ねば邪霊となり、善人が死ねば善霊となるのは当然でしょう。霊が存在する領域と人間が生きているこの物質界は波動の稠密性が異なりますから、私たち普通の人間が生きていく日常生活において霊と接触することは通常ではあり得ませんが、宗教における霊的な修行に入ると、霊と関わるようになるのは至極当然なことでしょう。宗教を求めるにおいて、利己心から心霊力を追求する者たちもいれば、真正な普遍宗教を探求する求道者もいます。ですから、求道者の心の波動に応じて、霊的な作用もそれぞれに異なるものです。自己の霊性の進歩向上を求める、利己心を滅した純粋な求道者であれば、その人と近似の霊性波動を持つ善霊が、幽玄な霊性の道においてその求道者を助け、そして導くでしょう。他方、心が純化されておらず、単に我欲を満たすために霊的な修行をしている者であれば、同じ波動の邪霊がその修行者の欲望を満たすべく、霊的作用を引き起こすこともありうることでしょう。

 宗教を志す前に人がしっかりと理解しておかなければならない、一つの重大な、そして絶対的な真実があります。それは、内へと向かう霊と外部へと向かう物質は相反するものであって、そして物質は霊に従属するものであるという事実です。ですから、真摯に仏道仏果を求めるのであれば、物質的な欲望は滅却しなければならないのです。物質的な欲望を自己欺瞞によって霊性修行の名にすり替えて、物欲を満たす手段として心霊力を追い求めることは、それゆえ、真実の宗教とは完全に拮抗するものであるということは、誰にとっても容易に理解できることでしょう。霊力を得て、世間で名声と財を成した人は確かに存在しますが、その霊力を人々や世の益することのために使わず、自己利益のためだけに利用するならば、その人間はやがて自分を霊的に貶め、そして最終的には没落してしまうでしょう。仮に、現世利益を追求するだけの行者、あるいは宗教家と言われる人間が、この生において富と名声を得て、豪奢で安楽な暮らしを達成したとしても、その心が真実の霊性に適っていない見せかけのものであるならば、その人間の霊的なレベルはひどく低劣なものであり、霊性における進化の上昇過程に入ることは望めないでしょう。なぜなら、霊と物質は相反し、対極にあるものであり、そして物質は霊に従属するものですから、物質的な富に対する欲を増大させた上で霊的にも進化するということはあり得ないからです。<行者の末路は惨めなもの>という、一般に流布している言葉が妥当性を帯びるのは、こうした明確な理由によるものです。

 私たち普通の人間が霊性を探求する上で、まず第一に心がけるべきことは、心を純化することでしょう。普遍霊性とは純粋意識のことですから、まず自分の心を純化すれば、神意識実現という、霊性求道における行程の半分を踏破したようなものです。そして不思議なことに、心が純化されるほどに物事を識別する力が増大し、智慧が身にそなわってきて、宗教の本質を洞察できるようになるのです。ですから、心の純化が霊性求道においては基本的な修行だと思います。そして、神への祈りや瞑想を通して徐々に霊的な修行を深めていくように精進することでしょう。そのような真摯な精神修養の修行によって、心が純化された程度に応じて善霊からの助けや導きを得ることができるようになるのです。心正しい人が仏道に入って、慎重にその歩みを進めるならば、そのような人はどのようなときにも不可視の世界からの助けや導きを得て、安全に霊性の高みに昇ることができるでしょう。そして、霊性においてますます豊かとなり、この世の中で生きていく上でも、物質的にも不足することは決してないでしょう。聖書の中で、<持っている人には与えられて、ますます豊かになるが、持たない人は持っているものまで取られてしまう>という言葉がありますが、それは、心を純化すればするほど、普遍なる純粋意識に近づくので、霊性においてますます豊かになって普遍智が身につくのであり、また物質は霊に従属するものなので、心正しい人は物質的にも恵まれて豊かになるということです。一方、これとは反対に、物欲に走る者は自己の霊性や智慧が失われ、そして物質的にも不足するようになるという道理を示しているのです。

 霊性求道を志す初学者は、宗教の土台である倫理道徳に立ち返って、人々と交わる日常生活の中で、まず自分の中の利己主義を滅するように人格修養から始めるべきであり、同時に宗教的な書物を読むことによって霊性に関する正しい知識を得ることが肝要でしょう。宗教に関して正しい知識を得れば、高潔で心正しい指導者にも巡り会えて、真実の霊性の道を着実に歩んでいけることでしょう。霊と物質は相反するものであり、そして物質は霊に従属するものであるという真理を心にしっかりと根づかせておけば、人は霊性求道において転落の憂き目にあうことは決してないでしょうし、その上、物心両面に亘って豊かな人生を楽しみつつ、ゆっくりと霊的な高みに昇っていくことができるでしょう。

 

気功,気功 脳性麻痺に気功治療線維筋痛症治療に気功治療脳性小児麻痺に気功療法脳性麻痺症状と気功治療気功瞑想教室,気功治療,気功治療超能力治療,ヒーリング治療,気功治療,うつ病治療に脳性小児麻痺治療に気功治療脳性麻痺の症状に気功治療などに圧倒的に優る天啓気療ヒーリング