気功治療,効果,術,気功とは,師,気功法,整体,気功やり方天啓気療院の北沢勇人の著書・天啓気療の内容
 気功治療,効果,術,気功とは,師,気功法,整体,気功やり方想像を絶する恐怖体験、及び食事が全く取れなくなる

天啓気療院の北沢勇人の著書・天啓気療の内容のトップ


  気功治療,効果,術,気功とは,師,気功法,整体,気功やり方【想像を絶する恐怖体験、及び食事が全く取れなくなる】

 身体の力が抜けリラックスした時に体験するのですが、様々な現象があったのです。主なものを記述してみますと、強力な光を見たり感じたりする。意識もしていないのに、身体がところかまわず勝手に激しく動く。意識もしていないのに、喉の奥から声らしきものなどが勝手に出てくる。瞑想などをしてリラックスしてくると、意識上にあるものすべてが一瞬にして消えさる。想像もできないものが出現し、大変なる耐えがたいほどの恐怖を体験する。その他多くの様々な現象があったため、食事をしようとしても、食欲が湧かないために食事もまともに取れず、更には、慢性的に睡眠不足になっていて、風邪をひいたような倦怠感というか疲労感を覚え、大変悩んでいた時期が約四か月程度あったと記憶しております。

 ところで、想像を絶する恐怖を覚えるほどの精神状態の変化や、肉体的変化が始まったのは、平成九年五月初め頃の朝方、神棚の前に座り、一時間ほど呼吸法と瞑想をしたところ、何時間もしないうちに、急激に目の白目の部分がウサギの目のように真っ赤になり、極端に視力が落ち、更に、瞼が膨れて完全に塞がり、針などにて連続して刺しているような激痛に襲われ、涙が止まること無く連続して出てきたのです。

  気功治療,効果,術,気功とは,師,気功法,整体,気功やり方その後、暫くすると今度は、顔が見る影もないほど極端に腫れあがり、そして、身体全体がむくみ、少しであっても頭を動かす事すらできないように重くなり、痛みが極端なほどに増してきたのです。更に、身体全体が動かせないように苦しくなることは勿論、益々痛みが増し辛くなり、ほとんど動く事もままならなくなり、更に悪い事には、頭全体、特に額の辺りが非常に痛くなり、額が割れるのではと思い込むほどのことがあり、恐怖心が増すばかりであったと記憶しております。

 その恐怖体験のあった期間は勿論ですが、その後も、七日間ほど食事は全く取れず、途方に暮れていた事を思い出します。なぜに食事を取れなかったかの理由は定かではありませんが、食品や空気は勿論、自分の周りに存在するあらゆる物の臭いに対して極端なほど敏感になり、自分自身の口の中に食品や飲み物を入れるだけでも、恐怖を感じるほどになっていた記憶があります。また、この極端な恐怖体験の期間は勿論のこと、例のごとく、あいも変わらずその後も、目を閉じれば、恐ろしいほど強くまばゆいばかりの様々な光を毎晩のように見続け、そして感じていたのです。

 身体からは、幽体離脱なのかどうか良く分かりませんが、意識が外れ、遠くは地球のかなたと言うか宇宙の果てまで見る始末でした。更に、光り輝く海の中や、光り輝く建築物などを自分自身が飛びながら見ているように感じたり、見た事もない色々な建築物や山、川、過去、死後の世界と思われる現象や、自分自身が光り輝いているのを見たり、自分の身体の中において電気でも生産され流れているようにビリビリとしびれたり、常識では全く理解できない事柄の体験が数限りなく頻繁に起こっていたのです。

  気功治療,効果,術,気功とは,師,気功法,整体,気功やり方更には、金粉や小判、一万円札などが降ってきて、例えようのないほど喜んでいると、その金粉や小判などが急激に大量に降りだし、自分自身が埋まり、息が出来ないようになった恐怖体験をしたり、感じたりと、不思議な事ばかりが連続してあったのです。その他、様々な恐怖体験はあったのですが、その中で最もの恐怖体験は、私の腕と同程度の太さで、巨大な吸血ヒルと思われるものが私の身体を取り巻き、口の部分は身体に吸い付き、いくら振り払おうとしても振り払う事ができないという、想像を絶するほどの恐怖を味わった事も記憶しております。

 この小判などに埋まる体験は、私は非常に貧しい家に生まれ、お金がない生活を余儀なくされ、義務教育のみであったのです。そこで努力をして、一級建築士や一級建築施工管理技師などの資格を取り、建築工事などの仕事をしていた訳ですが、狭い町であるため私の事は皆が知っており、高校にも行かない者を認めたくないとの意識があからさまだったのです。よって私は、お金さえあれば、との意識が強かったものと考えられます。

 従って、私自身の自我意識が無意識的にではありますが、金銭にあったため、その自我意識から解放されるためには、金銭などから意識をはずし、心を鎮めるように無意識的にではありますが、私自身のもう一方の自我の意識が戒めているからこそ体験したものと私はそのように考え理解をしています。また、吸血ヒルと思える現象の場合などにおいても、自分自身では心は開いていると思っていても、私の心の中の自我意識は、これもまた無意識的ではあるものの、私が自分自身の心を開く事をためらっていたと認識し、恐怖体験を通し、心の中にある自我意識を解放しなければならないことを知らせた、と理解しなければならなのかも知れないのです。

  気功治療,効果,術,気功とは,師,気功法,整体,気功やり方それと、最も恐ろしかったのは、強烈な光を見た場合には肉体的には勿論、精神的な事柄などに対しても強烈な衝撃があり、更に、身体がところかまわず勝手に激しく動いていたのです。その時なぜか、透明に近い白い強力な光を見た場合には、最初に下痢があり、暫くすると今度は、下血が非常に激しく何度も繰り返しながらあり、驚いていた記憶があります。その下血があった場合などには、便器内が真っ赤になったと言っても言い過ぎではないほど大量の下血であったので、今現在になっても背筋が凍るように鮮明に思い出します。

 また、数十回に及ぶほどあったのですが、排泄物が異常なほどの臭いがしていて、真っ黒であった事も不思議な事の一つです。この場合などには、肉体の内部に滞って汚れた血液が排泄される現象や、宿便が排泄される場合の好転反応現象と思われる現象(偏差現象とも言われる)の一種なのかも知れないと思っています。また、強力な光のエネルギーが入ってきたと思えるときや、強力な光を見た場合などには、強力な光に自分自身が溶け込んで和合し一体となったように見えたり、感じたりした場合には、身体が不思議なほど熱くなる現象や、全身が激しく動き出す現象などがありました、その後、表現の方法がないほどの安堵感と、幸せ感がある事は同じくあったのです。

 激しい下血などをしたとき、病院に行って検査をして頂かなければとの迷いがあったのですが、とても信じてもらえないだろうと思い、病院に行く事は一度もなかったのです。しかし、このような不思議な体験は、普通の生活をしていく上では全く体験する事柄ではなのですが、チャクラを覚醒させようとしたり、クンダリニーを上昇させようと修行などをした場合には、想像を遥かに超える驚くべき体験も実際にはある事も知っておくべきであると思います。

  気功治療,効果,術,気功とは,師,気功法,整体,気功やり方この様々な恐怖体験は、チャクラの覚醒やクンダリニーの上昇が始まると、その人の心の中にある自我意識の程度により体験する事は異なりますが、様々な事柄を体験するものと思われるので注意が必要なのかも知れないのです。ですから、自然の法則に即した自然なる愛とか、心のあり方とか、意識のあり方などが重要であるなどと言われているのかも知れないのです。よって、もし貴方の常日頃の自我意識自体に対して様々な恐怖などによるストレスなどが存在する場合などには、当然として、その自我意識に関するストレスの内容に応じた現象が、恐怖となって現れてくるものと認識しなければならないのかも知れないのです。

 その他、あいも変わらず、身体がこのままでは壊れてしまうのではと思うほど激しく動くことがあり、更には、喉の奥よりの変な声も益々激しく出ていたのです。これは本当に誰に話をしても「お前の頭はおかしくなった」としか言われないような事が続き、夜になっても全く眠る事ができず、本当にこのままおかしくなるのではないかと、大変不安でならなかったことを今になっても思い出します。

 前記したような様々な極端なる恐怖体験が七日間ほど続き、福島県の五月は涼しいはずなのに、身体全体が焼けるように熱くなり、布団もかけず、下着以外は身につけていないにも拘わらず、何回も取り替えなければならないほどの大量の汗をかき苦しんでいたのです。その身体全体が異常に熱くなったときには、このままでは死んでしまうのではないかと不安になり、どうすれば良いかを真剣に考え、出した答えは、例え神様がいてもいなくても、真剣になり、神様が私を必ず守ってくれると信じたなら、この苦しさから開放されるのではないかと思い、堅く強く信じて実行したのです。

  気功治療,効果,術,気功とは,師,気功法,整体,気功やり方その時私は、まだ死ぬ事はできない。なぜなら、ここまで修行が進んだが、本当の意味で皆様のために能力を使って助けていないし、まだ若すぎる。もし神様が本当にいるとすれば、必ず私の望みを聞いてくれると、真剣に神様がいて必ず助けてくれると信じたのです。その直後、マニプラチャクラが活動を始め、クンダリニーの上昇が始まったのです。

 ところで、自分自身どころか、地球までもが一瞬にしてこの世から消えるように感じる場合もあります。そう、物質の世界である三次元の世界の全てと言っても良いかも知れませんが、一瞬にして無くなると言うか消え去る感じがするのです。そうですね、簡単に言ってしまえば、死、又は、無とか空そのものです。この現象は、物質的世界から精神的世界に意識が移行するために体験すると言われています。

 要するに、物質的世界から解放され、現実の世界を捨てて精神的世界の心に変化する時に体験するように感じます。つまり、物質世界から精神世界の方向に心の在り方が変わるものと理解すれば、納得できると思います。よって、想像を絶する恐怖が生じると考えられることから、更なる注意が必要です。しかも、体験する事柄は、眠っている間に見る夢とは異なり、身体の力が抜け、リラックスしたときに体験するものであって、意識状態がはっきりしているのでなおさら恐怖があります。

  気功治療,効果,術,気功とは,師,気功法,整体,気功やり方チャクラの覚醒時やクンダリニーの上昇時、なぜ、心身的苦痛も体験するか
 チャクラの覚醒やクンダリニーの上昇が発現する時には、大変素晴らしい事も体験としてはありますが、その素晴らしい体験に反比例するように、想像を絶する苦しみや恐怖体験もある事を述べておかなければなりません。そこで、チャクラが覚醒する時やクンダリニーが上昇するときに、なぜ様々な恐怖体験に遭遇して肉体的苦痛は勿論、精神的苦痛までも体験するのかを考えてみましょう。私は、そのような様々な恐怖体験をする理由として、次のように考え、そして理解をしています。

 通常の生活状態では、ほとんどの方が物質的なものを信じ、更に、肉体的次元(エーテルエネルギー)、つまり、形のあるものや目に見えるものを信じているのが一般的であると言えます。そこで、チャクラが覚醒したとか、クンダリニーが上昇したとかの意味は、如何なる事を述べているのかをもう一度検討してみなければならないのです。その答えは、肉体的次元の考え方を鎮める事ができた。自我意識を鎮める事ができた。よって、チャクラやクンダリニーの活動が活発になり、チャクラの覚醒やクンダリニーの上昇が始まったと解釈できます。

  気功治療,効果,術,気功とは,師,気功法,整体,気功やり方ヨガの考えでは、クンダリニーが上昇する場合において、十分なる心のあり方や精神状態のあり方についての理解をした上で修行を実施し、その後チャクラの覚醒やクンダリニーの上昇体験した場合には、身体や精神的状態に対する悪影響はさほど出ないとされています。しかし、クンダリニーの上昇やチャクラの覚醒が始まりかけた多くの方々に聴き当たったところ、ほとんどの場合、クンダリニーの上昇の危険性を安易に理解しているため、あまりにも急ぐ、つまり、じっくりと修行している場合が少なく、私と同じように、大変な辛さと恐怖感を味わっている場合が多くあり、全ての方が恐怖体験をすると言っても言い過ぎではないのです。

 世界的に有名である仏陀やキリストであってさえも、断食修行などをした時などに想像を絶するほどの様々な恐怖体験をしています。その恐怖体験については、現在までも語り継がれるほどのものであった事でも、理解ができると思います。従って、危険な事や恐怖、辛い事などを避けるためには、十分な時間と準備、そして、あわてない事が要求されるのです。

  気功治療,効果,術,気功とは,師,気功法,整体,気功やり方そこで、私の体験として、チャクラの覚醒やクンダリニーの上昇が始まった時に実際に体験した現象を、詳細に書き記したいと思います。ただしこの体験は、私だけが経験したものであり、全ての方が必ずしも同じ現象を体験するとは限りません。しかし、もし貴方がチャクラの覚醒やクンダリニーの上昇が発現してきた場合には、私と同じ事があるのかも知れないのです。また、全く異なった覚醒や上昇の仕方があるとも言えます。いずれにせよ、私の知る限りでは、私と同一の事とは言えませんが、大変よく似ている現象を体験する事が多いのであり、皆様にも是非参考にして頂ければ幸いです。

一、恐ろしいほど強力な光が見えたり、感じたりして、夜など眠れない事などがあります。

二、極端に匂いに敏感になり、まともな食事が取れなくなる事などがあります。

三、身体の中が沸騰するような高温になったり、燃えたように見えたり、感じたり、異常なほど全身が熱くなり大量の汗をかいたり、燃え出したりと理解のできない事などがあります。

四、頭は勿論、身体全体がむくみ、身体全体が痛み出したり、緊張したりして動かすのにも不自由になる事などがあります。

五、目の白目の部分が真っ赤になり、瞼が腫れ、そして、垂れ下がり、更には、急激に、そして、極端に視力が落ちてきて何も見えなくなる事などがあります。

六、身体の力が抜け、リラックスした状態になってくると、身体全体がところかまわず勝手に動き出す事などがあります。

七、身体の力が抜け、リラックスした状態になってくると、訳の分からない言葉などが意識に関係のない状態にて、のどの奥や腹の奥から勝手に出てくる事などがあります。

八、身体の力が抜け、リラックスした状態になってくると、色々様々な音が聞こえる事などがあります。

九、身体の力が抜け、リラックスした状態になってくると、神様がどなったような大きく響くような、こだまするような声が聞こえる事などがあります。

十、身体の力が抜け、リラックスした状態になってくると、霊と思えるものが見えたり、更には、現象などが感じられるようになります。

十一、強い光を見るたびに、下痢や、激しい下血などをする事があります。また、異常な臭いのする黒い便などが出る事などがあります。

十二、身体の力が抜け、リラックスした状態になってくると、意識というか魂というかが身体から離れる事などがあります。

十三、身体にやたらと倦怠感が感じられる事などがあります。

十四、チャクラのある部分が大きく開き、黒いものが出て行ったり、強力な光が入ってきたりする事などがあります。

十五、身体の力が抜け、リラックスした状態になってくると、自分自身どころか地球までもが、一瞬にしてこの世から消え去るように感じて大変な恐怖感を味わう事などがあります。

十六、腰骨や背骨、頚椎などが力を加えていないにも拘わらず、鈍い音をたてて一瞬のうちに動たりします。その後、方々の関節はもとより、筋肉痛などが激しく起こり、悲鳴をあげるほどの激痛などがあります。

十七、自分自身の自我意識と思われるものから開放されるため、恐怖として味わうものと思いますが、私の場合に最も恐ろしかった体験は、金粉が空から降ってくるのが見えたり、小判が降ってくるのが見えたり、一万円札が降ってくるのが見えたりしていたのです。ところが突然、その降っていた金粉などが例えようもなく多く降りだし、私自身の身体が埋まって押しつぶされ、そして、息ができなくなり、死んでしまうような恐ろしい体験を何度もしています。

十八、瞑想修行時や夜などに身体の力が抜け、リラックスしてくると、想像もできないほど巨大な吸血ヒルと思えるものが、頻繁に出現し、私自身の決意を試すように襲ってくるように感じることなどがありました。その他には、例えようもない巨大な得体のしれない怪物などに追いかけられるなどの体験を何度もしています。

  気功治療,効果,術,気功とは,師,気功法,整体,気功やり方まだまだ多くあったのですが十八項目ほど挙げてみました。
 チャクラの覚醒やクンダリニーの上昇についての書籍は、多くの方々によって出版されています。その中で、チャクラの覚醒を試みたりクンダリニーの上昇を試みる場合、危険なことがあるので最大の注意が必要であるとは書かれています。しかし、私が体験したような恐怖体験や苦しみについて記述したものは、無に等しいと言っても言い過ぎではないのです。

 

  気功治療,効果,術,気功とは,師,気功法,整体,気功やり方自我意識とは次のように述べられています。
 自我意識とは、思い、喜び、怒り、哀しみ、楽しみ、苦しみ、恐怖、我欲、嫉妬、恨みなど(一般的には、喜怒哀楽などと述べられています)特に、ほとんどの場合、欲が最も問題とされています。ただし、欲が全くなくなった場合には、自分自身で、自分の命を平気で絶つ事だってあります。欲があるからこそ恐怖があり、怒る事があり、恨む事もあり、嫉妬する事もあり、更には、自分自身さえ信用ができなくなり、やがては、過剰なストレスとなって、自我意識のエネルギーであるアストラル次元エネルギーが、肉体のエネルギーであるエーテル次元エネルギーに影響を与え、身体にバランスの取れない異常事態が生じてきて、やがては、病気の症状となって現れてきます。

 病気などを改善させたり、様々な悩みからの解放を望む方々のために能力を発揮できるようになるには、呼吸法や瞑想などの修行を長期間実施し、チャクラの覚醒やクンダリニーの上昇を試みる必要があります。そして、自我意識[喜怒哀楽、心や感情、意識や思いなど]をコントロールできる精神世界的な思考や肉体に自分自身を変えなければ達成できないと言われています。つまり、物理的世界(エーテル次元エネルギー)を鎮めて、精神的世界(アストラル次元エネルギー)を優位にする事が自ら出来なければ、チャクラやクンダリニーなどを活発に活動させる事事態難しいし、悩みを抱えている方々に対して治療や癒しなど出来るものではない、と言わなければならないのです。ただ、自分の病気の改善や様々な悩みからの解放を望む場合には、そこまでの修行は必要がないと言えます。

  気功治療,効果,術,気功とは,師,気功法,整体,気功やり方チャクラの覚醒やクンダリニーの上昇を試みる場合、なぜ、想像を絶する恐怖を体験するのかは、例えば、今日まで堅く信じて疑う事などなく慣れ親しんできた物質の世界から、精神世界が優先する心の在り方になるためには、物質世界の事柄を全て捨てないまでも、意識の上から消し去ろうと努力をしたり、物質の世界の意識を鎮めたりしなければならないと推測されます。ところが、物質の世界の意識を鎮めればよい事を頭の中では理解しているつもりでも、自分自身の身体は勿論、精神的な部分も劇的な変化をするため、意識的なものとしては認めても、物質世界の事柄を鎮めきれないため、肉体的次元としては認めがたく、そして、怖く感じ、更に、急激な変化を無意識的ではありますが恐れているため、恐怖体験として、感情や意識の上に浮かび上がってくるものと解釈できます。

 自分自身の思考の持ち方でエネルギーの質が変わるとすれば、なぜ強力な光を見るのか、光もまたエネルギーそのものであり、また音が聞こえてくるのか、音もまたエネルギーそのものなのです。その際、自分自身の意識の中や心の中に想像をすれば、如何なるものも自由に想像し、現象を造り出す事もできるのです。勿論、様々なものに恐れている場合には、その様々の想像をしたものが現実として意識上に想像した通りの現象となって現れてくると思われます。よって、神様を想像すれば神様が出現し、お化けを想像すればお化けが出現するのです。恐怖を想像すれば恐怖が現れてくるのです。また、病気や様々な事件などの場合も同様と思われます。

 再確認をしなければならないのは、肉体的思考であっても、精神的思考であっても、種類は異なりますが、エネルギーには変わりがないのです。もっとエネルギーを広く捉えれば、目に見えるものは勿論、目に見えないもの、更には、宇宙そのものを初めとし、心の中に描いたもの、想像したものまで全てがエネルギーそのものなのです。よって、思考の持ち方には勿論、身体にも力を入れずリラックスをしながら良き事を心に刻み、想像をしながら瞑想などをする事により、様々な良きエネルギーと共感し、物質などに対する執着心を鎮めてこそ、チャクラの覚醒やクンダリニーの上昇は達成できるものであり、更に、良き判断ができるようになると私はいつも思っています。

  気功治療,効果,術,気功とは,師,気功法,整体,気功やり方なぜに光が見えたり、音が聞こえたり、その他の現象が見えたり、感じたりするのかは、心が鎮まる事により、今までに感じる事のできなかった様々なエネルギーと共鳴するために見えたり、感じたりするものと考えられます。更には、記憶として先祖から遺伝子と一緒に引き継がれた内容や、自分自身の脳内に記憶された無意識の記憶などが意識上に感じ、そして、よみがえってくるのではないのでしょうか、私はそのように理解をしています。

 最近では、腰骨や背骨、頚椎などが力を加えていないにも拘わらず、一瞬に鈍い音をたてて動き、その後方々の関節はもとより、筋肉痛などが激しく起こり、悲鳴をあげるほどの激痛があったのです。この件や、勝手に身体が激しく動くのは、今日まで自分としては歪みもなく正常の身体であると信じていたのですが、実は歪んでいて、その歪んでいた部分が急激に改善してきたために激痛となって感じたり、激しく動いたものと考えられます。この事を考えると、私が癒しや治療を実行した場合に起こる、好転反応らしき現象も納得ができると思います。ただし、現在では、激痛を感じるほどの事はなくなっています。その様々な体験がある度に、何度も書きますが、本当にこれからどうなるかと不安でたまらなかった事が思い出されます。また、一般に言われている死を恐れているうちは、うまく修行はできませんし、私の体験した事があまりよく理解できないような気がいたします。

 

 

 

天啓気療院の北沢勇人の著書・天啓気療の内容のトップ