気功治療,効果,術,気功とは,師,気功法,整体,気功やり方天啓気療院の北沢勇人の著書・天啓気療の内容
 気功治療,効果,術,気功とは,師,気功法,整体,気功やり方相性がわかるO―リングテスト

天啓気療院の北沢勇人の著書・天啓気療の内容のトップ


 【相性がわかるO―リングテスト】 気功治療,効果,術,気功とは,師,気功法,整体,気功やり方

 患者の病歴などを全く知らなくとも、体のどこの部分に異常や病巣があるのか、身体の異常部位に何が存在しているのか、それらはどの範囲に分布しているのかなどを、高価な医療器具などを使わずに短時間で調べることができます。確かに、そのよう簡単なことで判断できるとは信じがたいものかも知れません。しかし現実には、正確に、確かに間違いなく判断できるところにこのオーリングの良さがあります。

 それと、検査薬や検査器具を使用する必要がないため、費用も安価に済むので良きことばかりであり、すばらしい検査の方法と言えます。勿論、指の開き具合を検討するのですから、方法さえ間違いなければ、誰でも簡単に実施できます。ただ、自我意識の在り方などによって間違いが起こる場合もありますから、注意をしなければならない点もあります。

 薬物に対しては、有効か無効か、そして毒性なども判定ができます。その薬物が有効なら適量はどれぐらいか。これもまた簡単に推測することができます。更に、いろいろな検査方法の中には、患者が苦しみながら受けなければならないものや、検査結果が出るのに何日もかかり、そのため用をなさない場合もあったのですが、このテストの方法は、患者を疲れさせたり苦しませたりすることなく、身体の隅々まで調べることができ、その場において即座に診断や治療の結果が分かります。つまり、治療の効果があったのか、無かったかなども即座に判定ができます。特に、病気の早期診断やガンの発見などにも役立っています。 気功治療,効果,術,気功とは,師,気功法,整体,気功やり方

 薬物が身体に与える影響も調べられますが、そればかりではなく、漢方薬や健康補助食品、薬草や飲食物、アルコールやタバコなどの嗜好品についても、身体全体に与える影響や作用、更には、適量や有害量なども調べることができます。また、西洋医学、東洋医学を問わず、各種治療などを実施した後にテストをすることにより、治療の効果があったのかなかったのか、良い治療方法ではなかったかなどの判別がつきます。特に、治療前と治療後を比較すれば即座に納得ができるでしょう。また、自分にとって、この薬品は合っているのかなども調べられます。

 私の場合など、ほんの数秒間お客様に対して手をかざしただけで、即座に変化してしまうことも分かっています。その場合、このオーリングテストを実施することにより、実際に効果があったのかなども知ることができます。要するに、この方法は、確かに目に見えない事柄を判断しているのですが、それでも正確に判断できるところに凄さがあります。私の行う天啓気療も同じく目には見えませんが、それであっても、このオーリンクテストの方法により、効果があったのか無かったのかの判断ができます。つまり、私の治療の方法に使用するエネルギーも、確実に成果を出しているのと同じで、このオーリングテストでもやはり成果は実証できているのです。

 オーリングテストとは、貴方が得ることのできるいかなる情報や知識よりも正確なのです。なぜなら、貴方自身の生命を維持するために備えられた本能そのものの判断なのですから、絶対に間違いは起こらないのです。ただ、使用の仕方によっては正確に判断できない場合もありますので注意も必要です。

 本来人間は、自分自身の能力や感覚により、様々な危険な事柄などを正確に判断ができていたのですが、文明や科学が発達したことにより、様々な情報が簡単に得られるようになり、本来の判断能力が退化し衰えてきたのです。しかし、最も大事な生命維持に関する判断能力は、本来の能力である本能としては残っています。その能力を活用し、貴方自身が行うオーリングテストが最も信頼でき、いかなる情報にも優先して正確なのです。

 このオーリングテストの最も注目すべきことは、テストを実施する対象は、物質物は勿論、たとえ人物、写真や名前、名刺などであっても、その人物や物質から発するエネルギーが、オーリングテストを実施した方に対して、身体や心に与える影響力そのものが良い結果を期待して良いものかなどを判別できることです。しかも、どのように遠く離れた場所であっても、機械や電気がないところでも、そして、例え一度も会ったことがなくても、やはり有効に間違いなく判断することができます。 気功治療,効果,術,気功とは,師,気功法,整体,気功やり方

 その他の判断の利用方法としては、例えば、これから相対する人、特に人間の場合には自我意識を持っているのであり、その自我意識が好ましいかどうかは別にして、エネルギーを発しています。ですから、自分の身体や心の悩みに対して解決、そして貢献して頂けるだけの能力がある方かなども判断できます。勿論、その方が良き意識のもち主の方か、悪しき意識のもち主かなども判断でき、しかも、方法さえ間違えなければ正確に判断できます。

 精神的悩みや身体の悩みとは、一般的には病気などですが、最も関係が深いのは、自我意識の発するエネルギー、つまり、心のあり方の発するエネルギーですが、そのエネルギーを良きエネルギーに変換し、悩みを解決する方向に導けるだけの能力のあるエネルギーを出せる方であるかなども判断できます。人によっては、土地や建物、商売の取引相手などでも判断できるとして利用している場合もあります。しかし、気を付けなければならないのは、自我意識による欲の心が介在している場合には、正確に判断できないこともありますので、注意が必要であると私は思っています。

 親指ともう一本の指先をくっつけてO型の輪(リング)を作ります。その輪にもう一人の人が指をかけ、図のように両側に引っ張ります。その時、O型の輪(リング)を作った反対側の人差指で写真や名刺、書籍や広告用チラシ、名前などに触れ、または、手に持ちながら行うのです。薬や健康補助食品なども同じ方法により判断します。また、本人にとって最適の量なども同じことです。この場合、印刷したものや、貴方自身が名前を書いたものでも、コピーであっても同じ結果になります。理由は、たとえコピーであっても、距離が離れていても、一回も会ったことがなくても、波動、つまり、人間から発している自我意識のエネルギーの状態を、貴方の素晴らしく発達した本能が判別してくれるのです。 気功治療,効果,術,気功とは,師,気功法,整体,気功やり方

 ところで、オーストラリアの原住民が、著しく離れた場所のことを判断できるとの話題を聞いたことがあると思いますが、そのことと同じで、本来人間には様々なことを判断する能力が備えられています。しかし、文明の発達した現在では、その能力を使用することが極端に少なくなったため、能力は潜在的に持ち合わせていますが、衰えている訳なのです。ところが、脳内には、使わなくなったとは言え本能としては残っています。その能力を最大限に利用したものが、オーリングテストではないかと私は考えています。

 オーリングテストを実施する場合、その輪が簡単に開かないように力を入れます。その際、リングを作る方も、引っ張る方もお互いに徐々に力を入れていくことにより、より正確な判断ができます。その指が簡単に開くか、開かないかで様々な方との相性の度合い、治療や癒しを受けた場合良きことが起こるか、あまり期待できないか、それとも偽りを述べているかなどが判断できます。書籍などにおいても、同様にエネルギーが作用しています。よって、貴方にとってどの書籍が相応しいのか、この書籍「天啓気療」を用いて、このテストにて他の書籍と比較をして頂ければ、正確に判断できることに納得して頂けるものと思います。 気功治療,効果,術,気功とは,師,気功法,整体,気功やり方

 このオーリングテストにて判断をする場合に気を付けなければならないのは、よく見受けるのですが、健康補助食品や健康器具などを売るために、その製品を売ろうとして判断する場合には正確とは言えなくなります。なぜなら、売ろうとする意識が働くからです。意識自体がエネルギーであることを自覚しなければならないのです。自我の意識や欲の意識が介在し影響を与えている場合には、特に注意する必要があります。自分自身は勿論、他の方であっても、事柄は別として利害関係にある方が実施した場合には、必ずしも正確とはならないこともあります。よって、この治療法はどうであるとか、健康補助食品はどうとか、などと騙されることもあります。それは、利害関係による意識や我欲などにより、様々なる影響を与えてしまうためと考えられます。従って、いかなる方が実施した場合であっても、我欲が介在している場合には更なる注意が必要なのです。

 より正確にオーリングテストを実施し、判断するためには、様々なエネルギーを出す貴金属などを排除し、できる限り落ち着いて心を鎮め無心になり行わなければならないのです。そのことを無視してテストを実施した場合には、間違った判断になることがあるので注意が必要です。様々な治療法の中で、自分に最も合った治療師を選び出すことも、その人(治療師)の能力や状態を調べることもできます。一番力が入って、オーリングの開きにくかった治療師を選択すればよいのです。

 絶対に勘違いをしてはならないのは、よく言われる喜怒哀楽も、やはりエネルギーそのものであることを理解しておかなければならないのです。従って、どの方々も、願うのなら良いことを願いなさい。良くなったことを想像しなさいと言うのです。特に恐怖、嫉妬、恨み、警戒、臆病、憎しみなどを心に思い描いたりしてはならないのです。なぜなら、この恐怖や憎しみなどは、心の思いなのです。心の思いとは、アストラル次元のエネルギーのことであり、肉体より発せられているエーテル次元エネルギーより上位次元になっており、絶対的に強力であり洗練されていて、エーテル次元エネルギーに対して悪影響を与えるものです。つまり、長期間にわたり思い描いていたりすると、肉体や精神状態に病気などとして現れてくるのです。

 

 

 

天啓気療院の北沢勇人の著書・天啓気療の内容のトップ