気功治療,効果,術,気功とは,師,気功法,整体,気功やり方天啓気療院の北沢勇人の著書・天啓気療の内容
 気功治療,効果,術,気功とは,師,気功法,整体,気功やり方私の病気体験から

天啓気療院の北沢勇人の著書・天啓気療の内容のトップ

 

 気功治療,効果,術,気功とは,師,気功法,整体,気功やり方【私の病気体験から】

 私は十七歳の頃に、朝方の安静時であってさえも最高血圧が二百三十前後に上昇し、顔色は黒紫色になると共に顔一面に吹き出物ができており、倦怠感が極端なほどにあり、十数か所の病院に行き診察をして頂いたのですが、全くどこの異常であるかが分からず、仕事にもならず途方に暮れていたのです。そこで、ある病院に入院をしたのですが、何が原因で現象が現れているのか、どこの異常かが分からないので、治療の方法を見つけることなく、一か月ほどで改善することなく退院をしたのです。

 その後私は、約一年間にわたり仕事もせずブラブラとして休んでいたのですが、このようなことはいつまでもできないと考え、ある機会に、身体が治らないのならもう二度と戻らないと決心をし、福島県の南相馬市より埼玉県の岩槻市に働きに出たのです。

 当時私は、建築工事(大工)の職人として働いていたのですが、その時、電気工事屋さんが、あそこの薬屋は、人の顔の形や顔色を見て性格やどのような病気になっているのかが分かるなどと、いいかげんなことを言っていると悪口を言っていたのです。その話を聞いていた私は、もし顔の形や顔色を見て病気のことが分かるなら、病気の原因やどの薬を使用すれば改善するのかも分かるはず、と期待を持ち、埼玉県さいたま市岩槻区にある薬屋さんを訪ねて行ったのです。なぜそのように理解したのかは、私の親族に、お客さんが黙っていても答えを出してしまう能力者がいたことを母親より聞いていたからです。

  気功治療,効果,術,気功とは,師,気功法,整体,気功やり方早速その薬剤師さんに会うと、なぜなのか分かりませんが、私の生まれた時のことから今日までのこと、心のあり方は勿論、性格や身体の状態、顔の形や顔色のこと、病気と五臓六腑との関連や関係、漢方薬などの説明を三時間ほどかけて本当に詳しく説明をしてくれたのです。その時私は、嬉しくて、嬉しくて、驚くばかりであり、感激をして涙をこらえるのが大変であったと記憶しております。なぜなら、物心が付いた頃から今日まで悩みに悩んでいた病気や心のことまでが、私が説明を全くしていないにも拘わらず、一瞬の間に分かる人が現実にいたのですから、しかも医療器具など全く使用せず、それこそ不思議なほど簡単と思える方法にて判断をしたのです。

 その薬剤師さんの話では、私の病気は、ムーラダーラチャクラ及びスワディスターナチャクラと関係があるとされる、腎臓系の機能が正常に働かなくなったために倦怠感が取れなくなり、更には高血圧になり、血液も汚れていたので顔色は黒紫色になり、吹き出物もできていたとのこと。その他の臓器も血液が正常でないために、様々な影響が出ていたのです。特に心臓にも負担がかかり、更に精神的にも負担が生じていたために緊張状態が長期化しており、手の平が冷たく、いつでも手の平に冷や汗のような汗が出ていて、多汗症のような状態になっており、綺麗に仕上げなければならない天井張りなどの仕事をする場合には、手袋や手を拭く布などを欠かせず大変な苦労をしていたのです。また、肝臓などにも影響があったために、身体が重く感じ仕事が思うようにできなかったのです。また更に、マニプラチャクラに関係のある脾臓系も正常に機能する状態ではなかったため、脾臓系に属する胃や腸の機能も優れず、下痢や便秘などを繰り返していたようなのです。

  気功治療,効果,術,気功とは,師,気功法,整体,気功やり方ところで、チャクラが覚醒する順番には特徴があり、過剰に働き過ぎている場所から覚醒すると言われています。この件は、例えば、胃が弱い方は、胃に関係する脾臓のチャクラとされるマニプラチャクラが最初に活動が始まり、覚醒が始まると考えられます。従って、私の場合にも、ムーラダーラチャクラが真先に活動を始め、次にマニプラチャクラの活動が始まり、それぞれ覚醒が始まったものと思われます。チャクラの覚醒は、その方の働きすぎる特徴のある部分から覚醒することも、この事実から分かります。貴方も、もし覚醒が始まるとすれば、特徴のある部分からと思っていると良いのではないでしょうか。

 この私の病気の件は、医学の知識がある方なら詳しく分かりますが、現在の日本の医療の主流である西洋医学では、全く手の付けられない腎臓系の異常だったのです。しかも、重症状態であり透析寸前だったのです。ですから、涙が出るほど感激をして喜んだのです。その薬剤師さんの薦める漢方薬を指示通りに使用したところ、一週間後には顔色が良くなってきて、更に顔にできていた吹き出物までもが、まるで別人のように改善してきたのです。その薬剤師さんにその後聞いたところ、私は長い間薬剤師と漢方医をやっているが、貴方のように重症な方は見たことがない。ましてや、腎臓系の病気の場合には見方が分からないときには、全く助けることができない病気であると言われたのです。また、この見方の方法は、望診と言い、人相学や骨相学の一種であるとの説明をも受けたのです。

 そこで私は、自分自身でも望診や人相学、骨相学などを勉強することを決めたのです。よって、望診や人相学、骨相学などを覚えたのですが、私は、医師でもなく薬剤師でもないので役には立たず宝の持ち腐れになっていたのです。その後私は、能力開発を目的に、リラックスをすることにより脳から出ると言われるアルファ波を、いつでも好きな時に出したいと呼吸法や瞑想を始めたのです。そして、現在の能力を持つようになったのです。確かに、チャクラが覚醒するときの段階やクンダリニーが上昇していく段階において、考えられないほどの素晴らしい体験も、そして恐ろしい体験もいたしました。

  気功治療,効果,術,気功とは,師,気功法,整体,気功やり方しかし現在では、この体験により得た能力により、様々な病気や精神的な事柄に悩んでいる方々の治療ができたり、癒したりすることができるようになって感謝をしています。なぜなら、もし私が、重症であり、しかも、腎臓系の病気の経験がなかったなら現在のような能力者にもならなかったことでしょうし、病気で苦しんでいる方々の内心など理解もできず、そして、いたわることもできず、更には見分けることもできなかったはずです。ですから、病気も大事なことを教えてくれる勉強の一つのチャンスであるとも考えられます。

 この件のように、たとえ悪口の情報であったとしても、極少ないチャンスを生かして素直に解釈しなければ、今日の私の姿はあり得なかったのです。なぜなら、私と同様の病気になったとすれば、人工透析を実施し、最終的には廃人と同様になっていると考えられます。従って、どのような情報であっても大変大事なのです。それが人生の分岐点、幸せになるか不幸になるかの分かれ道になる場合もあります。この事柄を考えると、私が病気などを改善させたり、癒したりする能力を持ち合わせていることを知った場合において、貴方がどのような捉え方をするかによって貴方の人生自体が変わることもあります。よって、自然な態度にて他に発生している様々な事柄を素直に捉えることのできる心のあり方や、意識のあり方が大事なのです。

 ところで私は、多くの方々を喜ばしたいとボランティアの意識や誠心で、この薬剤師の先生のところへ病気で悩んでいる方々を連れて行ったり、私の住んでいる福島県に先生を招き、多くの方々を診て頂いたりしていたのです。このボランティアの意識や誠心のことを考えると、私にも元々の特徴として、アナハタチャクラの特徴があったように思います。よって、アナハタチャクラの場合には、他のチャクラに比較して特別に劇的なほどの覚醒体験があったのかも知れないのです。この件でも分かるように、もし貴方が本当に病気から解放されたいのなら、そして、チャクラの覚醒やクンダリニーの上昇を試みたいのなら、私の行為や心のあり方を見習うと良いのではないでしょうか。

 

 

 

天啓気療院の北沢勇人の著書・天啓気療の内容のトップ