気功治療,効果,術,気功とは,師,気功法,整体,気功やり方天啓気療院の北沢勇人の著書・天啓気療の内容
 気功治療,効果,術,気功とは,師,気功法,整体,気功やり方天啓気療を受ける間隔について

天啓気療院の北沢勇人の著書・天啓気療の内容のトップ

 

 【天啓気療を受ける間隔について】

 天啓気療を受ける場合の間隔は、将来については変化するので分かりませんが、現在のところ、特別の方を除いて、一週間に一回と決めています。理由としては、私の実施する天啓気療は、私のチャクラが覚醒してクンダリニーが上昇しているため、自我意識の発するエネルギー、つまり、心のあり方の発するエネルギー、アストラル次元エネルギーのことですが、そのエネルギーと、お客様の発しているエネルギーが互いに共振するため、お客様の身体や心の悩みに対して影響を与え急激に変化を促します。そのために影響力が大きく出てきます。

 よって、好転反応と思える現象(偏差であると表現される場合もある)が激しく現れる場合があります。そのため、医療機関などにて行う血液検査などにおいても、悪化したような結果が出ることがあります。

 腫瘍や筋腫などの場合には、大きくなったと診察される場合などもあるようで、検査結果の状態を検討すると、これで本当に回復しているのだろうかと疑うようになってしまう方や、感じる方などもおります。人によっては、身体に倦怠感が出てきてだるくなる、以前に悩んでいた当時に逆戻りしたような感じの痛みや張りなどが出る場合もあります。

 この好転反応と思える現象は、激しく出ても、特に長い場合であっても、三〜四日で収まってくるものです。その後は、何事もなかったかのようになります。検査結果については、徐々に落ち着くのですが、それが辛いし恐ろしいと言う方が極少数ですがおります。

 

 

 

天啓気療院の北沢勇人の著書・天啓気療の内容のトップ