気功治療,効果,術,気功とは,師,気功法,整体,気功やり方天啓気療院の北沢勇人の著書・天啓気療の内容
 気功治療,効果,術,気功とは,師,気功法,整体,気功やり方病気とはどのようなもの

天啓気療院の北沢勇人の著書・天啓気療の内容のトップ

 

 【病気とはどのようなもの】

 一概には言えないと思いますが、血液、体液、生命エネルギーなどが、緊張やストレス[警戒心、嫉妬、哀しみ、臆病、憎しみ、病気などの恐怖]などにより滞り、自然治癒力が低下したことを称して病気と言っていると思います。病気とは、気が病むと書くことでも理解ができると思います。しかし、私の考えとしては、病気とは、肉体及び精神状態などが自然の法則に即した状態にある場合には、身体には異常が発生しないし、無いので、健康体であり、その反対に、肉体及び精神状態などが自然の法則に即した状態で無くなった場合には、身体に異常が発生するので、病気になったなど述べていると思います。即ち、自然の法則に即した状態に肉体、及び、精神状態などがある場合には、病気とは述べないのです。要するに、自然の法則に即した自然なる生活をしている場合には、病気などには縁がないことになります。ですから、自然の法則に即した自然な態度にて生活をするためには、自然の法則に即した愛のあり方や、自然の法則に即した自我意識のあり方などが大事である、と何度も述べているのです。

 近年の生活水準の上昇、医学の進歩、医療の充実などにより、日本人の平均寿命は世界に誇れるものとなっています。その一方で、社会は複雑化し、多くのストレスを抱え、ガン、糖尿病、高血圧、心臓病などの生活習慣病、うつ病などに代表される神経的障害など、心身ともに様々な病気などに悩む方々が多くなっています。特に、現代はあまりにも多くの経済的ストレスは勿論、職業の不安などを抱えているため、心の悩みなどは深刻になるばかりとも言える状況です。そこで大切なのが、天啓気療や呼吸法、瞑想や自律訓練などを実施して自我意識による緊張やストレスをほぐすことにより、自然の法則に即した自然な態度にて生活をする心にも余裕が生じてきます。その心の余裕により、肉体的にも精神的にも安定感が増し、更には、自然治癒力が活発に活動してきたことにもなり、様々な病気や心の悩みなどから解放されることになるのです。

 天啓気療を受けると、ほとんどの方が眠気や倦怠感を催してまいりますが、その眠気や倦怠感こそ、一番大切なストレスの解放そのものなのです。つまり、身も心もリラックスしている常態に他ならないのです。また、呼吸法や自律訓練法、瞑想法などの場合においても、身体の力が抜けリラックスした状態になり、眠気や倦怠感を催してきます。ですから、呼吸法や自律訓練法、瞑想法などは、誰であっても気軽に実施できる、最良のストレス解消法と言われているのです。従って、太古の昔から多くの方々が実施しているのです。ですから私も、多くの方々に薦めているのです。

 

 

 

 

天啓気療院の北沢勇人の著書・天啓気療の内容のトップ