気功治療,効果,術,気功とは,師,気功法,整体,気功やり方天啓気療院の北沢勇人の著書・天啓気療の内容
 気功治療,効果,術,気功とは,師,気功法,整体,気功やり方まえがき

天啓気療院の北沢勇人の著書・天啓気療の内容のトップ


 
 気功治療,効果,術,気功とは,師,気功法,整体,気功やり方まえがき

 気功治療,効果,術,気功とは,師,気功法,整体,気功やり方実際のところ、この書籍を書き表すためには、多少の迷いと不安があります。
 なぜ迷いと不安があるかと申しますと、現代は科学万能の時代であり、物質世界そのものである、と多くの方々に信じられているからです。そのような状況下において、科学的に実証できないものや目に見えない事柄に対して、皆様方に理解を求める事は無理があるのかも知れないからです。また、日本の医療は、西洋医学が中心であり[手かざしによる治療や癒し]など、普段の生活状態では全くと言ってよいほど馴染みのない言葉や名称であり、理解や納得などして頂けるかどうかの不安があるからです。なぜなら、私が天啓により授かった能力(天啓気療)は、宗教活動によって授かった能力である、と多くの方々が勘違いをしているようにも感じるからです。

確かに、私が授かった能力を活用し役立たせるときには、手をかざして治療を実施するため、宗教活動の行為の一環ではないのかと疑われているようにも感じています。しかし、私が天啓により授かった能力は、宗教活動の行為に関係がないばかりか、巷にありふれている他の治療方法に用いる能力とも異なり、比較のできないほど素晴らしい事を少しでも皆様に納得して頂き、お役に立ちたいと心の底から願い、例え誤解が生じようとも、あえてこの書籍に書き表し公開をしています。

 私の身に起こった数々の不思議な体験は、実際に体験をした方なら理解ができると思いますが、一般の方々が理解をするためには多少の誤解が生じたりする事も考えられます。その時に起こった数々の体験や心の変化は、通常の生活をしていく過程においては在り得ない事ばかりであり、しかも、数年間の長期にわたり体験した事柄であるため体験内容自体が膨大にあります。よって、この書籍内には、その膨大な体験内容のほんの数パーセントのみしか書き記す事ができなかったのです。従って、膨大なる不思議な体験を全て書き記したものではないのです。それこそ、実際に体験した私でさえ、どのように表現をしたら良いのか検討もつかないほど数々の体験があったのです。

  気功治療,効果,術,気功とは,師,気功法,整体,気功やり方私としては、これほど膨大な、不思議で難解である様々な体験内容を全く書き記さないのでは、理解や納得などして頂けないのではないかと考えたのです。そこで、重要と思われる部分のみではありますが、書き記しましたので宜しくお願いいたします。なぜ体験談を書き記したかについては、私が能力開発を目的に、呼吸法や瞑想などを長期間続けた結果の出来ごと、更には、天啓により授かった特殊な能力の説明を皆様に正確に理解して頂くためには、絶対に省略ができなかったからです。

 私が天啓により授かったような特殊な能力を発揮できるようになるためには、絶対に不可欠な現象や体験として、チャクラの覚醒やクンダリニーの上昇が必要だからです。

私が天啓により授かった能力とは不思議なものであって、精神状態の不安定からあらゆる病気や症状に対しても良い結果が期待できます。常識では、このような事は考えられないのですが、対人関係の調和、学習能力の向上、運動能力の向上などにも有効に働くのです。つまり、様々な病気や症状、種類などにも左右されないところが私の能力の特徴なのです。要するに、肉体的な病気の改善は勿論のこと、精神的な悩みが原因で引き起こされる症状の改善、更には、対人関係の調和、運動能力や学習能力の向上、運命の好転などにも良き結果が期待できるのです。ただ、極少数ではありますが、改善や変化が感じられない方も実際にはおります。その事柄については【天啓気療を実施しても改善しにくい方】のところに記述しています。

 ところで、この書籍を読み進んで行きますと、たびたび登場する言葉や言語として[チャクラの覚醒][クンダリニーの上昇][エーテル次元][アストラル次元][自我意識][天啓気療]などが登場いたします。この言葉や言語などは、この書籍の内容を理解するためには欠く事ができないものです。ただ、普段の生活をする中では聞いた事がない言葉や言語が大半であり、理解に苦しむ事もあります。しかし、じっくりと読み進める事により、私が皆様に伝えたい事柄が理解できてくるものと思います。

  気功治療,効果,術,気功とは,師,気功法,整体,気功やり方この書籍の内容は、哲学的になり過ぎていると感じる部分が多々あります。例えば、心のあり方とか、意識のあり方とか、自然の法則に即した愛のあり方とか、考えてみればこのような事柄が病気や仕事を初めとし、様々な事柄などには全く関係がないようにも思えます。ところが、私が天啓気療を実施していく過程において、また、様々な事柄を判断する上で、この事柄が最も大事であると考えなければ、巷に発生する事柄は勿論、その他の事柄の発生においても、納得や理解できない事ばかりになってしまいます。確かに、そのようなばかげた事と思われますが、一例として例外がない事もまた事実です。ですから、この哲学的思考については、大変重要であり大事な事柄なのです。要するに、自然の法則とは、どのような知識や科学的根拠に対しても、優先する事を自覚しておかなければならないのです。

 私は以前、一級建築士及び一級建築施工管理技士として、建築物の図面を作成したり、工事の管理をしたりする事が仕事であり[治療や癒しのエネルギー][手かざしによる治療や癒し][チャクラの覚醒][クンダリニーの上昇]など、精神世界の事柄などと称されている事には全く縁がなく、物質世界そのものにどっぷりと浸かった生活をしておりました。そして現代は、科学万能の時代そのものであると疑う事なく信じていたのです。従って、目に見えないものなどを信じる事や理解する事など一切無く、私が体験した様々な現象や身体の変化などに対しても、戸惑ってしまっても無理がありませんでした。

 ところが、平成五年春頃に、一般的な常識では到底考えられない不思議な体験が始まったのです。それは、どのような事かと申しますと、夜遅く寝ようとして寝床につき、電灯を消してから数分が経過した頃に、目を閉じた状態でありながら驚くほど強く光り輝く光を見たり、その強力な光が身体めがけて一気に入ってきたように感じたり、更には、身体全体がその光に包まれたようになるなど、素晴らしく、そして、想像する事すらできないほどの不思議な体験が数々あったのです。その他、自分自身の意識が肉体より離脱して、その光の塊の中へ溶け込み、光の塊と一体になったように見えたり、感じたりするなどの素晴らしい体験をしたのです。このように、考えてみるだけでも心がウキウキするような素晴らしいこと、更には、恐ろしいほどの恐怖体験など、様々な現象が混在しながら長期間にわたりあったのです。

  気功治療,効果,術,気功とは,師,気功法,整体,気功やり方その体験が始まった数日後あたりからは、手や足は勿論の事、全身いたるところに微弱な、時には強烈な電気でも流れているように、更には、身体全体の細胞がむくむくとうごめくような、極端に活動するような、何とも不思議な感覚でさわさわと感じるような、それこそ表現に困るような事が、眠っている時以外いつでも感じるようになってしまったのです。その後、心を落ち着かせて身体の力を抜きリラックスすると、私の身体内部からは勿論の事、外部からも、それこそ頻繁に、不思議な音や声などが聞こえるようにもなってきたのです。

 更にその後、臨死体験でもないようなのですが、臨死体験のように、自分の身体から意識が抜け出て二人分の意識を持っているようになり、更には、身体から抜け出たと思われる意識の方は、様々な建物、山、川、海などの景色がきらきらと光り輝いている状態を見たり、神様の世界と言えば言えるような、死後の世界と言えば言えるような、大変不思議な映像を見たり、感じたりしていたのです。その他には、例える事のできないほどの高速にて自分自身の意識が飛んでいくのが見えたり、感じたりしていたのです。一方の、自分の身体に残ったと思われる意識の方は、横になって寝ている自分や、瞑想中の自分を見たり、感じたりしていたのです。

 当初私は、自分の身体が何か分からないが、全く想像もつかないほど異常な状態になったのか、と疑いを持たずにはいられませんでした。それでも私は、信じられないと否定をしながらも、様々な病気や痛み、精神的な事などで悩んでいる数多くの方々に対して、天啓気療を実施しておりました。そのうち、私が手をかざす事により、確実に病気や痛み、悩みなどから解放されていく姿を見ているうちに、私が授かった能力に対して疑う余地はなくなってきたのです。やはり、この世の中には目には見えずとも、治療のエネルギーや癒しのエネルギー、理解や説明が不可能と思えるような治療方法などが存在するのだ、と理解をして納得もできるようになってきたのです。

  気功治療,効果,術,気功とは,師,気功法,整体,気功やり方それでもまだ、この書籍を書き表すのにはためらいがあった事も事実です。私は、これまでの約二十一年間、手かざしによる天啓気療を実施してきた経験はあるものの、書籍において表現がうまくできるかどうかが心配だったのです。そこで、気功や超能力などに関する書籍を数多く読み、気功師や超能力者と呼ばれ、そして、知られている方々を尋ね歩きました。ところが、私自身が体験した数々の現象や、天啓気療の効果とはだいぶ異なっておりました。その際、私もこの方々と同じに判断されても困るので、気を付けなければならない、と思いながら方々を訪ね歩いていたものです。

 ところで、チャクラが覚醒する時やクンダリニーが上昇する時には、言葉では言い尽くせないほどの素晴らしい体験をすること、更には、特殊な能力なども出てくる事は多くの書籍に書き記されています。しかし、実際にチャクラが覚醒する時やクンダリニーが上昇する時には、想像を超える素晴らしい事も、そして、恐ろしいほどの恐怖体験や辛い事も、肉体的には勿論の事、精神的にも、意識的にも、劇的な変化を現実には体験するものです。その時の実に恐ろしいほどの恐怖感や辛い体験などについて書き記した書籍は、全く無いと言っても言い過ぎではないように感じていました。

 現在であっても、私のところへ来院する方々から様々な情報が舞い込んで来ますので、よくよく検討はしていますが、やはり、私が拝見したいと思う書籍や、私が体験したような現象の内容について書き記した書籍などは、見つからないように感じています。その他、病気とは何であるかなどを書き記した書籍なども、やはり見つからないように感じています。特に病気の原因や、万が一病気になってしまったのならどのように意識を変えたら良いのか、また、どのような行動をしたならば改善しやすくなるかなどを説明した書籍なども、やはり見当たらないように感じます。

 このままではいけない。今後、私と同じような経験や体験をすることであろう、呼吸法や瞑想などの修行をしている方々のためにも、また、様々な治療方法を試しはしたが、一向に改善せず、長い間病気や痛みなどに悩み、改善を待ち望んでいる方々のためにも、そして、万が一病気になったのなら、どのように対処したら良いのかなど迷っている方々のためにも、文章が下手であっても書き記す必要があるのではないかと思いながら方々を訪ね歩いていました。また更に、最近においても、皆様のお役に立てる情報などを仕入れる機会が少しでもあればと、方々を尋ね歩いている事も事実です。

 多くの書籍などを読み、気功教室や瞑想教室などにおいて訓練や指導などを受けている方々の場合には、様々な知識の下地ができており、私の書き記した様々な体験内容とはだいぶ異なっていると感じる事もあります。少しの異なりであれば理解できますが、全く異なっている事などもあり、更には、理解ができないような現象なども非常に多くあります。また、病気の内容や症状、薬などの効果などの勉強をしていたりする場合などにも、同様に理解ができないことになるかも知れません。

 この件からも分かるように、私が体験した事柄は、一般的には無意識の世界とか精神世界などと表現されていますが、自我意識のあり方や心のあり方、更には、その時の意識状態によっても変化する世界であり、どのような現象や体験があっても不思議な世界ではないのです。更に良く考えると、病気などもやはり見えない世界である無意識の世界や、精神世界そのものと深い関係があるように思います。なにぶん、この書籍の中に書かれている事は本当に珍しく、多くの書籍などにて表現されているような受け売りではなく、私自身が体験したものであり、理解や納得に苦しむかも知れません。しかし、この書籍の中に記載されている内容は、私が実際に体験をし、冷静になって理解した事を忠実に感じたままに表現をしておりますので、宜しくお願いいたします。

 特に、チャクラが覚醒してクンダリニーが上昇して行く時点において現れる様々な現象や変化は、物理的次元(エーテル次元)から精神的次元(カラーナ次元)に急激に移行するために現れます。その際には、心身ともに、特に、精神状態や意識状態が急激に極端に変化をするため、素晴らしい事ばかりがある訳ではないのです。思いもよらないほど激しく、恐ろしく、苦しく、そして、驚くような状況なども現実には数多く体験いたします。そこで皆様方にも、チャクラの覚醒やクンダリニーの上昇時に体験する変化などについても理解をして頂くと共に、知識として覚えていてほしいと思い、重要な点のみではありますが書き記しましたので、宜しくお願いいたします。

 私のところを訪ねる方の中にも、呼吸法や瞑想などの修行をしている方が少なからずいる訳ですが、現実問題として大変な恐怖感や苦しい事、更には想像した事もない出来事などに遭遇し、呼吸法や瞑想修行などを止めてしまった方が結構いる事も現実問題としてあります。また、私の天啓気療を受けた方の中にも、私の能力の影響を受け、チャクラの覚醒やクンダリニーの上昇が始まり、その方により体験する内容は様々ですが、大変な苦労をしている方もおります。そのような状況になる事も紛れもない事実であり、現状なのですから注意が必要です。ですから、チャクラの覚醒やクンダリニーの上昇を試みようとする場合には、前もっての計画や十分なる心の準備が必要なのです。

 前記のような事柄や体験内容が現実として起こるのですから、もし今後皆様方が、呼吸法や瞑想修行などをする機会に恵まれた場合には、くれぐれも素晴らしい事柄だけではなく、恐怖感や苦しい事も、そして、どのように理解しようとしても信じられない事柄も、現実問題として体験する事もあり得るので、肝に銘じて覚えておいて頂きたいものです。

二〇一三年九月 著者 北沢勇人

 

天啓気療院の北沢勇人の著書・天啓気療の内容のトップ