気功治療,効果,術,気功とは,師,気功法,整体,気功やり方気功治療などあらゆる療法に優る天啓気療・天啓気療を受ける間隔について

 

天啓気療院のブログサイトへ
気功,気功教室,気功師,気功整体治療,気功治療,気功ヒーリング,気功,脳性小児麻痺,気功,サイトマップ
気功治療に優る天啓気療とはどのように実施する、その時の感じ方や改善の様子など
北沢勇人の挨拶 気功治療に優る天啓気療とは 気功治療などと天啓気療の能力の違いについて
気功治療などあらゆる療法に優る天啓気療 好転反応について 天啓気療の治療体験談集
天啓気療の最も注目すべき点 治療師を選択する際の注意事項 天啓気療に対する質問
優れた能力者を簡単に選択できる方法 病気に縁がないように注意する事柄とは 病気とは
天啓気療に対するお客様の感想など 線維筋痛症の改善について 書籍の出版のご案内
天啓気療を受ける間隔について 天啓気療の治療方法について 自律訓練法の方法について
北沢勇人のプロフィール 案内地図や料金など 私の病気体験から 脳性小児麻痺の改善について

 

 気功治療,効果,術,気功とは,師,気功法,整体,気功やり方【天啓気療を受ける間隔について】

 天啓気療を受ける場合の間隔は、特別の方を除いて普通一週間に一度と決めています。理由としては、私の実施する天啓気療は、私のクンダリニーが上昇し、更に、チャクラが覚醒しているため、自我の発するエネルギー、つまり、心のあり方の発するエネルギー、アストラル次元エネルギーですが、そのエネルギーと、お客様の発しているエネルギーが共振するため、お客様の身体や心の悩みに対して急激に影響を与えて変化をするため、影響力が大きく出てくるのです。よって、好転反応と思われる現象(偏差であると表現される場合もある。)が激しく、更に、医療機関などにて行う血液検査などにて、想像もできないほど悪化したような異常な数値の結果が出る事もあるのです。

また、腫瘍などの場合には、著しく大きくなったと診察される場合などもあるのです。検査の状態を検討すると、これで本当に回復しているのだろうかと疑うようになってしまうぐらい辛くなり、更には、悪化したように感じる方も多いのです。ただし、辛いと言っても、身体に倦怠感が出てきてだるくなる。又は、以前に悩んでいた当時に逆戻りしたような感じの痛みや、張りなどが出るだけなのです。検査結果については、徐々に落ち着くのですが、それが辛いし恐ろしいと言う方が多いのです。

更に付け加えれば、この好転反応と思える現象は、ひどく激しく出ても、更に、特に長い場合であっても、三〜四日で自然と収まってくるものなのです。その後は、何事もなかったかのようになるのです。例えば、天啓気療を一週間に二回以上受けた場合には、受けた方にもよりますが、急激に精神状態や身体が変化するため、我慢ができなくなる方もあるのです。

特に精神状態が不安定な方の場合には、一週間に一度実施したとしても、著しく急激に変化するものですから注意が必要なのです。勿論、著しく激しい好転反応と思われる現象が現れるかは事前に判断が付きますので、注意を促すので安心です。なお、注意を促す再、家族の同意が必要な場合もあるのです。急激な変化が現れるので、本人のみでは理解が得られず、耐えられない場合もあるからなのです。それほどの激しい変化が現れる場合もあるのです。